日本 書 紀 と は。 『日本国紀』百田尚樹に決定的に欠落している認識

日本の歴史書

1806年から出版に着手し、1906年に完成した。 また、「古事記」が国語表現をでき得る限り表記しようとしているのに対し、歌謡など一部を除いて徹底的な漢文表記である。 地方に伝えられた物語の記録:具体的にどのような記録があったのかは判然としないが、坂本は『日本書紀』中の地名説話や地方の物語の存在から、地方の伝承も採録されたと推測している。 。 編集に使われた資料は《古事記》のように特定の帝紀(ていき)や旧辞(きゆうじ)だけでなく,それらの異伝も〈一書に曰く〉として注記し,また諸氏や地方の伝承,寺院の縁起,朝鮮や中国の歴史書なども参照している。

>

「日本書紀」のタイトルは、本当は「日本紀」なんだけれど、何故か「日本...

つまり、これが〔一書〕の目的。 修正・再編などの編纂過程を経て藤原継縄・菅野真道・秋篠安人らにより797年撰進。 例えば、『』序、『』引用の「」などには『日本書紀』との記述がみられる。 その論拠は、『続日本紀』の上記養老四年五月癸酉条記事に「書」の文字がなく 日本紀と記載があること、以後の日本の国史が『続日本紀』『』のように「日本紀」の名を取っていることにある。 聖明王の戦死• 出版社にもこうした書籍を出さない矜持を持ってほしいものだが、出版不況の昨今に売り上げの見込めるテーマを手放すとは考えづらい。 :神代や神々の祭りの物語、天皇や英雄の物語、芸能物語、地名・事物の起源説話などからなっていたと推定される。

>

日本書紀|日本古典文学全集・国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典・日本語大辞典

ポケプロ和独 0• 飯田武郷著。 第5段 一書第6 に「天照大神」が先行して登場、 それを承けて 第6段 本伝以降、「天照大神」が展開。 叢書 288• 先是一品舎人親王奉勅修日本紀 至是功成奏上 紀卅卷系圖一卷 以前から、一品舎人親王、天皇の命を受けて『 日本紀』の編纂に当たっていたが、この度完成し、紀三十巻と系図一巻を撰上した。 むろん、祖先として伝説上の人物を書いた各種系図であって近代的な意味では正確な内容とはいえない。 ですので前の回答に紀伝体と書かさしていただきました。

>

日本書紀の一書とは?『日本書紀』本伝と一書の読み解き方法を徹底解説!

それが〔一書〕。 長足日広額天皇(おきながたらしひひぬかのすめらみこと)• 他の方が弁解すべきと記載していましたので弁解はしません。 さらに木星を基準とした場合、方角がと逆になるため、これを合致させるために架空の天体、太歳が考案された(詳細は、を参照)。 「大日本史」等に影響を与えた。 老婆置目の功績• 区分論において近年とりわけ注目されたのはによる分析である。 闘鶏(つげ)の国造り• この結果を逆に推測すると、『書紀』の筆者はそれぞれの古典を熟知していて、適宜漢語を駆使し文章を作成したと考えられ、その学識のほどを驚嘆されていた。 和羅辞典 0• 文庫クセジュ 0. 本伝だけを読んでいっても、この神様いつ登場したの??? 本伝だけを読んでいっても、この言葉いつ登場したの??? ってなる。

>

日本書紀|日本古典文学全集・国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典・日本語大辞典

そのうち甲乙丙の三種の内容は本文中の語句の訓読法に終始しており、丁は語句の疑義に対する問と博士の解答が集積されたものである。 そして、言うまでもなく、こうした書籍が世に送り出され、あまつさえベストセラーになっている現状は看過できるものではない。 尊貴性と親近性 一元性と多様性 矛盾するテーマの両立。 前段の〔一書〕で伝えている内容を踏まえると、あ、なるほどね、と理解できるようになる。 ポケプロ独和 0• 「一書」を 「創りあげた」記録、あるいは文献、伝承とする見方 現在の学術ワールドの大勢は「一書」を「存在していた」記録、あるいは文献、伝承とする見方であり、『日本書紀』はそれらを取り込んでまとめ上げた成果物とされます。 また、『日本書紀』は単独の人物ではなく、複数の撰者・著者によって編纂されたと見られ、この結果として全体の構成は不統一なものとなっている。

>

日本書紀

初版:(昭和63年)、元版:創芸出版〈上・下〉、(昭和61年)• 神渟名川耳天皇(かむぬなかはみみのすめらみこと)• また、「古事記」が国語表現をでき得る限り表記しようとしているのに対し、歌謡など一部を除いて徹底的な漢文表記である。 これは、学問的には公平客観的な態度とされようが、国家の正史としては、体裁の面で遺憾なしとしない。 江戸名所図会 5• まずは〔一書〕とは何か? 結論から。 編年紀略。 全三〇巻。

>